会計と税務

事業の会計や税務について

会計と税務

消費税率(3%・5%・8%・10%)が変わったのはいつからなのか?

1989年(平成元年)から導入された消費税。徐々に消費税率が引き上げられていきましたが、いつから消費税率が変わっていったのか知りたい場面があります。3%から始まり5%、そして、8%になり令和元年の10月には10%となっていきます。西暦・和暦から過去の消費税率がいくらだったのか、一覧表にまとめてみました。
2021.01.18
会計と税務

【年末調整】扶養控除出来る子供の年齢!アルバイトで収入がある場合のポイント!

子供の年齢によって、扶養控除の条件が変わってきます。また、子供がアルバイトをして収入を得ていると、その金額によって扶養控除の条件も変わってきます。そこで、年末調整時に扶養控除出来る子供の年齢、また、子供がアルバイトで収入がある場合のポイントを解説します。
2021.04.20
会計と税務

毎年2月時の事業の会計や税務に関する準備や対応など!

会社の決算月によっても、各月の会計・税務処理などは変わってきます。毎年2月は、3月決算法人の仮締めや所得税・個人住民税の確定申告受付開始月となっています。そこで、一般的に2月は、このような事を意識して、事業の会計・税務を行っていく必要があります。
会計と税務

コピー代は経費になるの?勘定科目は何?これらの記帳の仕方を解説!

外出先のコンビニ等で、仕事に関する書類を急遽コピーする事もあります。しっかりと処理をしたら、このコピー代も経費として計上する事が出来ます。コンビニ等でコピーした費用は、どのような勘定科目を使用して記帳したらいいでしょうか?そこで、コピー代の勘定科目と記帳の仕方について解説します。
会計と税務

毎年1月時の事業の会計や税務に関する準備や対応など!

事業を行っていくと、各月毎に会計・税務について考えていかなければならない事があります。会社の決算月によっても、各月の会計・税務処理などは変わってきます。毎年1月は、源泉徴収事務や各種法定調書の提出月となっています。そこで、一般的に1月は、このような事を意識して、事業の会計・税務を行っていく必要があります。
会計と税務

毎年9月時の事業の会計や税務に関する準備や対応など!

会社の決算月によっても、各月の会計・税務処理などは変わってきます。また、9月からは税務署の税務調査も本格化してくるので、その対策も必要となってきます。そこで、一般的に9月は、このような事を意識して、事業の会計・税務を行っていく必要があります。
2019.01.14
会計と税務

8月の会計や税務に関する準備や対応など!

事業を行っていくと、各月毎に会計・税務について考えていかなければならない事があります。会社の決算月によっても、各月の会計・税務処理などは変わってきます。一般的に8月はこのような事を意識して、会計・税務を行っていく必要があります。
2019.01.14
スポンサーリンク